京都きものレンタルマニュアル

ヘアアレンジ

京都で着物体験

京都が持っている一つの特徴と言えばやはり着物についてです。
着物がマッチする町並みや風情が残っていますし、着物の産地でもありますので
和服に関心があるという方に打って付けの町となっています。

織物の街

 

また、和服というのは外国の観光客にも人気がありますので、旅行の際には
和服を着て観光を行っている方も多くいらっしゃるのです。

舞妓さん体験などが京都でも人気ですが、そこまで大袈裟でなく楽しめるのが
着物のレンタルだとおもいます。

 

舞妓体験は着物を着るというよりは、変身の楽しみです。
貴重な日本の文化であるからこそ、体験をして楽しむのが大切であるとも言えます。


舞妓さんと芸妓さんの違いは?舞妓の修行とは


舞妓さんの原点は何かというと、今から約300年前に、当時水茶屋で働いていた
茶汲女や茶点女が最初という説が有力です。

初期の頃は、水茶屋では参詣人にお茶を振舞うだけでしたが、
次第にお茶がお酒になったり、茶汲女らが歌を歌ったり
舞を舞ったりするようになり、現在の舞妓さんや芸妓さんになりました。

基本的に舞妓さんはまだ未熟なので、舞を舞う立方(たちがた)が中心です。
一方芸妓さんは、歌を歌ったり三味線を弾いたりする地方(じがた)を担当します。

舞妓さんと芸妓さんの違いは何かというと、基本的に芸妓さんになる前の5~6年の期間を舞妓さんと呼びます。
この期間中に、舞妓さんは一通りの舞や三味線、お囃子等を学ばなければなりません。
つまりいきなり芸妓さんになる事は出来ないという事です。

舞妓さんの生活サイクルはどうなっているかというと、基本的に午前中は舞や三味線、
お囃子等のお稽古事を行い、午後は少し休憩を挟みながら、夕方からは
お座敷へと向かうという生活がずっと数年間続きます。

そしてこの生活が2~3年経つと、髪型は割れしのぶからふく髷に変わり、
5~6年程経ち、長い修行期間もようやく終わりに近づくと、髪形は先笄に変わります。

この先笄という髪型は、舞妓から芸妓に変わるわずか数日間しか結う事が出来ません。
何故なら舞妓さんは自分の髪の毛で結い上げますが、芸妓さんはかつらをかぶるからです。
その為、この髪型は非常に思い出深い髪型になります。

舞妓体験とは違う着物レンタルの楽しみ

 

ですが、着物のレンタルならば、暮らすような京都を楽しむことができるのではないでしょうか。
日常の雰囲気を残しながら、少しだけ非日常になれる。
そんな体験ができるのではないかと思います。


実際に着物を着用してみたいという時には京都のレンタル会社が役立ちます。

レンタル会社では貸し出しを行っていますので、実際に着てみたいと思ったら
すぐにチャレンジしてみる事ができるのです。


また、京都のレンタル会社では着付けを行ってくれる事はもちろんの事、
和服に似合うヘアアレンジも行ってくれますので、和服が初めてという方でも
安心して利用する事ができます。

 

着物の準備がなにもなくても安心です。
草履やバッグなども貸し出してもらう事もできますので、
全身和風の格好になる事ができるのです。

 

小物
手軽に京都の文化を楽しむ事ができますので、旅行などの際には楽しいイベントになります。