京都きものレンタルマニュアル

レンタルを利用するメリット

京都で着物体験

和服の美しさを楽しめるのは日本ならではですが、特に京都は
日本の古典的な美しさが残る街ですので、着物というと
京都を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

思い浮かべる


京都の町並みは特に着物が似合います。

 

美しいべんがら格子の残る町並みを着物で歩けば風情も十分です。
京都に来ると、不思議と着物に目がいってしまいます。
着物を着ている人も多いですし。 なぜか自然と着物を来たくなってしまう。


京都はそんな着物の街なのです。

 

大手チェーン店の京都店だけ外観が違う?京都景観条例とは

京都市では、2004年に景観法が制定され、実効性や強制力を持たせることが
可能になったのを受け、2007年に京都景観条例が施行され
建物の高さ、色、デザインの規制が強化されました。

市街地のほぼ全域は景観地区に指定され地域ごとに基準が設定されており、
厳しい地域では屋根の角度や素材、工法も指定され建築の際は
市長の認定を受ける必要があります。

広告物は市内全域で屋上広告物や点滅照明が禁止されているほか、
都市景観を乱す恐れのある派手な広告看板は、使用できる色や大きさが規制されています。

そのため、日本全国に展開している大手チェーン店でも、お店の概観や看板は
他の地域と異なるデザインを採用し、地域限定カラーとして話題になったことがありました。

一例をあげると、マクドナルドやすき家は全国では赤系統ですが
京都市内では赤褐色に変更したり、ローソンでは看板の表示面積を小さくしています。

また、三菱UFJ銀行やみずほ銀行は、ベースカラーを白にして
文字をコーポレートカラーに変更しています。

そんな京都で着物を楽しむ

 

着物はとても美しい衣装ですが、でも高価であること、管理が難しいこと、
着つけに時間や手間がかかることなどでつい遠のいてしまいがちです。


気楽に・・・とはなかなかいかないのはこうした手入れの難しさにあるのかも知れません。


最近では日常的に着物を着こなす人が一体どれぐらいいるでしょうか。


残念ながら、今まで一度も着物を着たことがないという方もいるかもしれません。
若い方ならなおさらでしょう。

 

より手軽に和服を楽しむのであれば、レンタルを利用するのもおすすめです。

レンタルなら、管理の手間もありませんし、クリーニングなどに出す手間もなく、
使用後はそのまま返却することができます。

 

着物をお持ちの方でも、着た後の手入れが面倒で、着物を着る機会を
逃している方も多いのではないでしょうか。


確かに、着物は着慣れない分、着た後のクリーニングから片付けまでが
手間がかかり、余計に億劫になってしまうのです。


ですが、レンタルであれば、着たものをそのまま返却することができるのです。

そして購入が難しい豪華な着物も手頃な価格で利用できるのもメリットですし、
借りるたびに違う着物を楽しむことができます。


個人で季節やシチュエーションに合わせていくつもの着物をもつのはやはり負担なことです。

京都にもレンタル店も多くありますが、やはり選ぶときは品揃えが豊富であること、
品質の良い商品を置いているかチェックしておきたいところです。

 

そして費用についても手頃な価格で利用できるか気になるところですし、
着つけやヘアメイクのサービスがあるかもチェックしておきましょう。

サービス内容

 

小物も合せてレンタルできる所であれば、そのお店に行くだけで着物を着せてくれ、
メイクまですべてをプロがコーディネイトしてくれるのです。
それだと手軽に着てみようかなと思えますよね。